やっぱり猫が好き

さて。突然ですが、〈やっぱり猫が好き〉というドラマをご存知でしょうか。昭和から平成にかけて放送されていた深夜ドラマです。当時わたしはまだ小さな子どもだったので、内容は大人になってから見直して知ったぐらいなのですが、幼いながら、なんていいタイトルなんだろう、、、と思った記憶があります。なぜなら、わたしにとって猫とは…かけがえのない存在だから。今日は猫について、唐突に書きたいと思います。

わたしは6歳の頃からずっと猫がいる生活を送ってきました。歴代の猫たちは、どの子も長生きで、個性あふれる可愛い子ばかりでした。

そして、今わが家には、2匹のきょうだい猫がいます。ただ今、4歳。元は保護猫で、縁あって出会うことができました。

左が姉のニニ・右が弟のトト

猫にも性格がありまして、姉のニニはとにかく穏やかで優しい子。いまだに噛まれたことがありません。THE 長女。

おねえさんらしい健気な子

対して、弟のトトは、とにかく甘えんぼで、やんちゃ。少しおバカで愛され上手。いるよね、こういう末っ子キャラ!の、典型的な例です。

目が青いんです、ボクは。

そんな2匹は血の繋がりがあるせいか、とにかく仲良し。よく一緒にくっついて眠ったり、遊んでいます。

日頃から彼らには癒してもらっていますが、お家にいる時間が多い今は更に、その存在がありがたいなあと思います。眺めたり、触れ合ったり、それだけで気持ちがほどけていくような。

やっぱりわが家は猫が好き!

さて、そんなわけで、今日は猫について、でした。皆さんは、どんな動物が好きですか?いろんな動物との暮らしがどんな風なのか、興味津々。

それでは、また!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA