猫がいっぱい

こんにちは、eau antiques です。

ここ最近、もう目が回るくらいあっというまに毎日が過ぎていって、気づけばブログ更新が久々になってしまいました。

なんでしょう、普通(というのがそもそも分からないけれど)ならサクサク出来るような事が、わたしは数倍かかってしまうタイプで、、、

仕事に家事に、家族にサポートされつつ、それでも慌ただしく、気づけば夜。みたいな流れなのです。

世の中の働くお母さん、もちろんお父さんも!お疲れさまです。みんなすごいよ、、、と感じる日々であります。

さて、そんな最近ですが、心に残った出来事をひとつ、今日はご紹介します。

先日、知り合いの方に誘っていただき、保護猫ボランティアへ出かけてきました。上の画像は、その施設にいた生後1ヶ月半ほどの仔猫たち。

その施設は、仔猫や成猫がそれぞれ数匹ずつ分かれて保護されていて、今回は掃除とごはんのお手伝いをさせていただきました。

まずは、仔猫の部屋。ちいさな子たちが、飛びかかるようにじゃれてきて、可愛さに口元が緩みっぱなしになりつつ、床やトイレのお掃除です。

ころころ足元で戯れ合う姿は、もう天使のようでした。

そして、次は成猫のお部屋へ。仔猫とはまた違う可愛さ、、、そして皆、懐っこくて驚きました。

この子は、保護された時は人間を怖がって威嚇してばかりで、触らせなかったそう。よほど厳しい世界にいたのかな、と感じました。でも、今は自分からすり寄って甘えてきていました。きっと施設の方や、ボランティアさん達にいっぱい可愛がってもらえてるんですね。

環境で、性格は変わるんだなあと実感。。。

写真に写ってる子達は、新しい家族が決まっている子もいれば、これからの子も。どの子もみんな、幸せに暮らしていければいいな。

そして、今回は、猫たちに真摯に向き合い、保護からお世話、里親探しまで、細やかなケアをする主宰の方やボランティアの方々を目の当たりにして学ぶことが多々ありました。

ただ可愛いだけじゃない、命を預かる責任の大きさに背筋が伸びる思いです。

Cats no die! botanical dye.のプロジェクトを始めて、年末には集計をする予定の私たち。まだまだ微々たるものですが、猫たちと、猫を守るために動いてくださっている方々へ、少しでも何かできればと考えております。その際にはまたこちらで報告させていただきます。

さて、そんなわけで、今日も夕方。今晩のごはんは何ですか?わが家は、カレーです。

皆さま、今日もお疲れ様でした。

それでは、また火曜日に◯

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA