夏を味わう

こんにちは、eau antiques です。

ついに8月に入りましたね。京都は毎日35度以上、猛暑をこれでもかと体感しております。皆さま、ご無事でしょうか、、、

もういい加減、暑いのはお腹いっぱいです、、。と思いつつも、夏らしいことしたい!という欲張りな気持ちを膨らませる近頃。

そんなわけで、先日、やっぱり夏は花火が観たい!ということで、滋賀県は近江舞子の花火大会まで一泊二日で出かけてまいりました。

行きの車窓の景色からして、テンションは上がる一方。山々の緑と空の青のコントラスト、最高ですよね。

近江舞子のビーチに着くと、友人達がすでに何人も集まっていました。

ここの花火大会は、人が混み合うこともなく、ゆっくりビーチから眺められるのが良いところ。

花火までは、琵琶湖で遊んだり、BBQをしたり、思い思いに楽しみました。

湖西は、水が綺麗です。魚がスイスイ足をすり抜けて、うれしくなりました。普段、街中にいるので、自然と時折向き合うと、気持ちがほぐれていきます。

急な通り雨の後には虹も、美しかった!

そして、日は暮れ、夜になり、、、

ビーチに座って、いよいよ待っていた瞬間。

湖上の舟から次々に夜空へあがる花火はどれも素晴らしく、音が体に響いて圧倒されるばかり。

家族や友人達と並んで空を眺める時間は、なんとも言えない幸せな思い出となりました。

花火って、いいなあ。。。

その後は、皆んなで焚き火を囲んでのんびりとおしゃべりをして、就寝。

翌朝は、5時ごろに起きて、宿の前のビーチを少し散歩。普段、朝はめっぽう弱いのですが、自然と目が覚める不思議、、、

朝の琵琶湖も良い感じ。周りには鳥の声と、水の音。しばし見惚れてしまいました。

こうしてたっぷり夏の空気を味わって、2日目の午前中には、私たちは仕事へ、子は部活へ。それぞれの日常に戻ったのでした。

駆け足の一泊二日でしたが、夏休みの想い出が、ひとつ。

まだまだ夏は続きますが、今年の夏は一度きり。やりたいことをひとつずつ叶えていこうと思います。

皆さまは、どんな夏をお過ごしでしょうか。よく食べ、よく寝て、楽しい夏休みを!

それでは、また◯

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA