あの時も、今も。

こんばんは。今年も3.11がやってきましたね。

今日は、朝から何度も9年前のことが頭に思い返されていました。多分、多くの方々が、そうなのではないでしょうか。

東日本大震災が発生した、2011年。私たち家族は神奈川県で暮らしていました。

当時、まだ赤ちゃんだったわが子が、まさに昼寝を始めたその時。ぐらんぐらん、と家が大きく揺らぎ、とっさに子を抱えテーブルの下へ滑り込んだこと。

長い長い揺れがようやくおさまり、慌ててテレビをつけると、津波の映像が映って、ただただ呆然と座り込んだこと。

そして、原発事故を知らせるニュース。直ちに影響はございません、を繰り返す政治家たちの姿。

今でも、鮮明に覚えています。

あれから世の中も私たちも、大きく変わったり、全然変わらなかったりしながら月日が流れました。

そして、9年目の今年は、ウィルスという、また目に見えないものによって、世の中に不安が満ちています。

自衛をするのは勿論ですが、こんな時こそ冷静に、落ち着いて生活を送りたいなと感じています。当たり前を、大切に。

9年前と原因や状況は違えど、ざわざわした気持ちは重なるものがあります。

動揺や疑心暗鬼は、いらない。

あの時に、学んだことを噛みしめながら、今日は過ごしました。

早く、何の心配もなく外に出て、めいっぱい「日常」を楽しめるような日がまた訪れますように。

皆さま、その日まで、うまく気持ちや体を大切にしながら、一緒に乗り越えましょう。

それでは、おやすみなさい!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA